心臓病

おいしいドッグフードを与えたい

家族同様である大切なワンちゃんには、おいしいドッグフードを与えたいと思うのは当然のことです。
はじめて犬を飼う場合、どれを選んでいいか迷ってしまいますが、ここではおいしいドッグフードの味の違いや犬の好みについて紹介します。

人間がおいしいと感じるモノを、犬もおいしいだろうと思うことは間違いです。
当然ですが、犬と人間では食べ物の好みが違います。
犬はもともと肉食で獣の臭いがする食べ物を好みますが、人間はそうでない人の方が多いですよね。
人間がドッグフードを食べても、味が薄いと感じるものがほとんどです。
植物性のものよりも動物性のものを犬は好み、嗅覚が人間よりも発達している犬は香りのするドッグフードを好みます。

もちろん人間にも好みがあるように、犬にもそれぞれ好みがあり、自分が気に入らないモノは他の犬が喜んで食べているモノでも全く口をつけないものもあります。
ドッグフードの主原料には主に肉と穀物があり、もちろん肉が豊富に配合されているモノを好みます。
栄養のことを考えても、動物性たんぱく質が豊富な餌を与えた方が健康維持に役立ちます。
安いドッグフードはコストを抑えるために穀物を多く含んでいるものが目立ちますが、そのような商品は大事なワンちゃんには与えない方がいいでしょう。
きちんと栄養分を補給させてあげることで、ワンちゃんの寿命を延ばすことができます。

またドッグフードにはドライフードとウェットフードがありますが、柔らかく素材そのものの味わいを感じられるウェットフードの方がワンちゃんは好みます。
しかし、顎を鍛えることや歯の健康やコスト面なども考えるとドライフードの方がメリットが多いので、はじめからウェットフードは与えない方がいい場合もあります。
ウェットフードばかりをあげていると、ドライフードを食べなくなる可能性もあります。
ドッグフードの選び方は様々ありますが、基本はしっかり押さえましょう。

おいしい餌の特徴は、添加物をたくさん含んでいないことで、防腐剤や合成着色料などの添加物は素材そのものの味をそこなってしまう可能性が高いです。
質が高くても値段が気になるという人はドッグフードのお試しパックの利用をおすすめします。