心臓病

訳ありドッグフードは与えない方がいい?

ドックフードとして市販されている商品はもちろん犬が食べることを前提して販売されているので、訳ありと書かれていても毒が入っているわけではありません。
ここでは訳ありドッグフードとはどのようなモノなのかについて探っていきます。

訳あり商品ではありませんが、犬にとって最も訳ありである餌は人間が食べた残り物です。
もともと犬は狩りをする肉食動物です。
体のつくりも人間とは全く違うため、人間と同じモノを食べるようにはなっていません。
肉を与えるのは問題ありませんが、犬に人間が食べた野菜をそのまま与えることは良いことではありません。

特に生野菜は、食べたとしても消化吸収がしっかりできなくて、やがて病気になる可能性が高くなります。
飼い主がベジタリアンだからといって、野菜や穀物ばかりを与えていると早くに病気になるリスクはかなり高くなります。
またキャベツなどの野菜に含まれているシュウ酸カルシウムのせいで、尿結石や尿結晶になることもあるので、野菜は与えない方がいいでしょう。

市販されているドッグフードは犬専用食ですが、訳ありと書いて販売している多くは賞味期限が間近なドッグフードか、ダメージがある商品です。
賞味期限に関しては切れていなければもちろん問題はありませんが、そのようなモノを大量に購入した場合は、いずれ賞味期限が切れることも十分に考えられます。

保存が効くドライフードであればある程度は大丈夫ですが、それでも劣化、酸化したモノを与えることは健康には良くありません。
またパッケージなどにダメージを受けていても商品自体に問題はなければいいのですが、パッケージが破れている場合は酸化が進み危険が高まるので、その点には気を付けて訳あり商品を選びましょう。

特に賞味期限が切れているなどの問題がなく、あまりにも安価で販売されているドッグフードもありますが、このような商品は添加物が多いとか、穀物で量を増やしてコストを抑えている商品の可能性が高いので、大事なワンちゃんに与えることをおすすめではありません。

このように、訳あり商品にはそれなりのリスクがあります。
訳ありでもその理由を把握して安全を確認すれば問題はありませんが、成分的に安全を確認できない場合はどんなに値段が安くても購入しない方がいいでしょう。
自身で判別できない場合は、安心ドッグフードランキングも参考にしてみましょう。