心臓病

においを抑えるドッグフード

はじめて犬を飼うと、これまで気づかなかったいろいろな問題に直面することになりますが、多くの飼い主が頭を悩まされていることに犬のにおい問題があります。
トイレが一番のにおいの原因になっているようですが、ドッグフードがにおいの原因となっているケースもあるようです。

最近ではドッグフードにもいろいろな種類があって、その中には食べるだけでにおいを抑えられることを謳って販売されている商品もあります。
そのような商品の多くは、消臭効果を持っている天然成分が配合されていて、それを体内に入れることでにおいが抑えられる仕組みとなっています。
しかし中には天然成分ではなく、化学物質により消臭効果を狙っているものもあり、やはり安全性がきちんと確認できない場合はそのような商品は大事なワンちゃんには与えない方がいいでしょう。
その他にも腸内環境を整えてにおいを抑える効果を狙った商品もありますが、絶大な効果を得られる商品は今のところはまだないようです。

成分内容が良く分からない商品を与えるよりは、食事そのものの考えてにおい対策することをおすすめします。
例えば犬は肉食動物で、肉を食べることで体臭がきつくなる傾向にあります。
極端に言えば、肉を与えなければ体臭も弱まる可能性は高くなりますが、それでは犬の健康維持ができません。
しかし同じ肉でも臭いがきついモノとそうでないモノでは、臭いがきつい肉を食べた方が体臭もきつくなります。

ドッグフードには犬の食いつきを良くするためにわざと獣臭をきつくしている商品が多いのですが、当然そのようなモノを与えると体臭もきつくなるので、臭いが抑えられたドッグフードを選ぶことも良い方法です。
また合成着色料や保存料などの添加物が多いドッグフードもにおいの原因になるので、できるだけ無添加のドッグフードを選びましょう。

このように、最近では食べるだけでにおい対策ができるドッグフードもいろいろ販売されていますが、そのような商品には安全性が証明できない成分が配合されているケースも多いので、できるだけにおいが抑えられる食べ物を与えることでにおい対策を行うことをおすすめします。