心臓病

ドッグフードで体調管理もバツグン!

犬の健康な体をつくるのは食べ物です。
野生の犬は自分で餌を確保して生きていきますが、人間に飼われているワンちゃんは自分で餌を選ぶことはできません。
ワンちゃんにきちんと合った餌を与えてあげれば、体調管理もしっかりできます。
ここではワンちゃんの体調管理ができるドッグフードの選び方を紹介します。

現在はこれまでにないくらいのペットブームで、犬はペットの中でもナンバーワンの人気を誇る動物です。
そのためペットショップに行けばいろいろな犬種に合わせたドッグフードが販売されていて、どれを購入していいか迷ってしまうほどです。
ドッグフードには値段が安いモノもあればかなりの高額商品があり、高額商品の特徴はオーガニック認定商品などの安全性を謳っているモノや、高価食材を使用しているモノです。

安全でおいしい食べ物を大事なワンちゃんに与えてあげようと思うのは飼い主としては当然のことですが、毎日続けて与える餌が高額だと大きな負担になるため、ある程度それぞれの予算に合わせてドッグフード選びを行わなければいけません。

ここで重要なのは、安くても合成着色料や保存料などの添加物をたくさん含んでいるモノには手を出せないことです。
どうしても安価なドックフードには、コストを抑えるために添加物をたくさん使用しているモノが多いのですが、このような餌を与えていては体調管理どころか寿命を短くしてしまいます。

また犬の場合は食べ過ぎには十分に注意をしてあげなければいけないので、カロリーの高すぎる商品にも注意しましょう。
赤ちゃん、子犬、成犬、老犬と、犬の場合はライフステージで与える食べ物やカロリーに違いがあるので、年齢と犬種に合わせた商品選びをしてあげなければいけません。
中にはパッケージに配合されている成分をきちんと表記していないモノもあるので、このような怪しい商品は選ばない方がいいでしょう。
また、顎の力が弱っている犬にはドッグフードをふやかすと良いでしょう。

このように、ワンちゃんにきちんと合っているドッグフードを選んで与えてあげることで体調管理はしっかり行うことができますが、餌選びや与え方を間違うと肥満や病気にさせてしまうこともあるので、犬を飼う時には与えるドッグフードには十分な注意が必要です。