心臓病

手作りドッグフードを販売しているお店

現在空前のペットブームとなっていて、一番人気のワンちゃんの餌であるドッグフードは、ペットショップやホームセンターなどでも数多くの種類が販売されています。
ここでは手作りと市販のドッグフードの違いについて探っていきます。

市販のドッグフードは、犬に必要な栄養分がバランス良く配合されていて、特に総合栄養食と書かれた商品を購入して与えれば、飼い主さんが食事のことで頭を悩ませることはありません。
市販されている商品の種類も多いことから、数多くいる犬種全てに対応できます。
犬種の他にも体格や年齢に合わせた商品や、ダイエット食やアレルギーに配慮している商品など、本当に豊富なバリエーションが揃っています。

ペットショップなどで目当ての商品が見つからなくても、今ではインターネットで検索すれば、簡単に欲しい商品を手に入れることができます。
しかし市販のドッグフードには保存剤や合成着色料などの人工添加物が含まれているモノもあり、製造元や原産地や原材料などが全て表記されていない商品も多いので、安全面に関しては心配な部分もあります。
もちろん完全無添加で安全性をしっかり謳ってある商品であれば安心ですが、そのような商品は値段も高額なモノが多く、日常的与えるには大きな負担になる人も多いでしょう。

その点手作りであれば新鮮なモノを与えることができ、原材料や製造元の心配をする必要もありません。
ペットブームの今では手作りのドッグフードを販売しているお店も増えていて、近くにそのようなお店がない場合でも、ネット上にそのようなお店はたくさん営業しています。
もちろん手作りの場合も価格面でも高くなりますが、自分で手作りした餌と併用することで、費用を落として安全なモノだけを大事なワンちゃんに提供できることになります。

このように、最近では市販のドッグフードがたくさん販売されていますが、安全性を求める場合は手作りの餌を与えることがおすすめで、最近では手作りドッグフードのお店も増えています。