心臓病

高カロリーなドッグフードは?

ワンちゃんの中にはもともと小食な子もあれば、食べていても痩せて体重が増えない子もいます。
はじめて犬を飼う時には餌選びに悩む人も多いでしょうが、ここでは犬には高カロリーな食事が必要かについて探っていきます。

犬には数え切れないほどの種類があり、犬種によって与える餌や必要なカロリーは異なってきます。
人間が食べるモノをそのまま犬にも与えていた時代もありますが、今では犬の栄養素をしっかり考えてつくられている市販のドッグフードを与えている人がほとんどです。

餌をたくさんあげれば喜ぶからという理由で好きなだけドッグフードを与えている人もいるようですが、人間と同じで犬も食べ過ぎれば肥満となり、肥満はいろいろな病気を引き起こすため、飼い主がきちんとカロリー制限をしてあげなければいけません。
犬に必要なカロリーは犬種によっても異なるので、はじめはペットショップの店員など専門家に確認して餌の与え方もきちんとマスターしましょう。

ドッグフードのパッケージにも与える目安が書かれていますが、もちろんおやつのことも考えて1日のカロリーを計算しなければいけません。
犬の場合は人間よりも成長が早く、子犬の方がカロリーは必要となります。
成犬になれば成長はとまるので、カロリーも控えさせなければいけません。
しかし子犬の場合はまだ体が小さいので、高カロリーなドッグフードを与えなければいけません。

子犬には専用のドッグフードが販売されていて、成犬用よりも高カロリーとなっています。
成犬になってもそのまま同じモノを与えていると、カロリーオーバーになって肥満や病気の原因になるので、年齢に合わせて餌を切り替えてあげなければいけません。
餌を切り替える時には急に変えるのではなく、最初は新しい餌を少しだけ混ぜて、徐々に量を逆転させて、時間をかけて最終的に新しいモノを100%にしてあげましょう。

子犬以外にも、妊娠中や授乳中のワンちゃんには高カロリー食が必要になるので、その時にふさわしい餌を選んで与えて下さい。

このように、子犬の時期や餌を食べない時や妊娠中や授乳中には高カロリーなドッグフードが必要となります。
病気で餌を食べない場合は病院で診てもらった上で適切な餌を与えなければいけませんが、子犬や妊娠中の時には専用の餌が販売されているので、それを購入して与えてあげましょう。